UKポスト・ジャンル時代の新鋭Wu-Lu。デビュー・アルバム『LOGGERHEAD』を7/8にリリース&先行曲「Blame」「Ten」を公開!

サウス・ロンドンを拠点に活動するヴォーカリスト/マルチ・インストゥルメンタリスト/プロデューサーのWu-Lu。black midiのドラマー、Morgan Simpsonが参加した楽曲を含め、これまでリリースしたシングルがいずれも高い評価を受け、すでに世界中のフェスティバルに出演、FADER、MOJO、CRACK、QUIETUSといった主要メディアが絶賛するなど、注目を集めるWu-Lu。勢いに乗るUKバンド・シーンとも密に交流しながら、独自のスタイルでUKの新たなオルタナティブ・ロックの潮流を巻き起こしつつある彼が最新作『LOGGERHEAD』を7/8にリリース決定。アルバムからの2曲「Blame」、「Ten」をMVと共に先行解禁。

全12曲 (国内盤にはさらに1曲追加) からなるWu-Luによるデビューアルバムは、ポストパンク、スクリーモ、ヒップホップ他、様々な要素を含んだ爆発的なエネルギーが詰め込まれている。歪みながらもしなやかに加速するギター、鉄壁のようにそびえるベース、ドリル・ミュージック影響下の三連符ドラム、そしてピアノのメロディーが楽曲を彩っている。本作『LOGGERHEAD』は1980年代の〈Factory Records〉や、DJ Shadow、あるいは結成間もない90年代のSlipknotが作り出したようなサウンドを縦横無尽に行き来し、過去の題材を引用しながらも独自のサウンドを生み出している。

『LOGGERHEAD』の制作は、バックバンドのメンバーたちとともに、ウエストロンドンのパブや、ノルウェーにあるレコーディングスタジオ、Betty Fjord Clinicで実施された。ジャムセッションをもとにしたサンプリング音源を解体し、繋ぎ合わせ、再演奏しながら制作は進められ、帰国したときにはアルバムはほとんど完成していた。

歌は不安と罪悪感をテーマにしている。そして恐怖に立ち向かい大声を上げることで――また人々が互いを気にかけることで――乗り越える方法を見つけられると主張する。「Calo Paste」にはLéa Senが参加していて、美しいストリングスのアレンジと、力の限りを尽くすボーカルと、分厚く重なる緩慢なギターの音を組み合わせている。「Blame」には、インダストリアルミュージックの不規則なエレクトロニックサウンド、過度に跳ね回るブレイクビーツのドラム、メガホン越しのひずんだ歌詞がある。「Night Pill feat. Asha」は、午前3時に集まってスケートボードを楽しむ様子を表現し、エレキギターの大音量で奏でられる夜行バスのメロディーがたわんだ電線のように背景に浮かび上がり、そして低く轟く音のエネルギーが螺旋状に渦を巻いて曲全体を成層圏にまで打ち上げようとする。

最新アルバム『LOGGERHEAD』はCD、LP、カセットテープ、デジタルで7月8日に発売。国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。またLPは通常盤のブラック・ヴァイナルと限定盤のライト・グリーン・ヴァイナルの2形態が発売される。


■Release Information

ARTIST:Wu-Lu

TITLE:『LOGGERHEAD』

RELEASE DATE:2022. 7. 8

LABEL:Warp、Beat Records

商品詳細ページはこちら