UKはハンプシャー出身の3ピースバンド、Drug Store Romeosへの独占インタビュー。隆盛を極めるサウスロンドンの中でもその洗練された美しさで特別な輝きを放つ彼女らに、デビューアルバムやファッションについて、そして日本の印象などを聞きました!

An exclusive interview with Drug Store Romeos, a three-piece band from Hampshire, UK. We asked them about their debut album, fashion, and their impressions of Japan!

※インタビューは英語で行ったため、英語原文と翻訳を載せる形としています。今回のインタビューでは(Vo./Ba.) Sarahに回答していただきました!

ーa collections of songs from our coming of age and self-discoveryー

ー私たちの青春時代と自己発見の曲を集めたものー

– – Please tell us how the band had started, and how you decided your band name.

We started in college after Jonny and Charlie were looking for a bassist. They posted it on our College bulletin board, and despite never picking up a bass in my life I responded after some rather desperate and dangerous attempts to be in a band before. That night, before meeting, me and Charlie spent hours into the night sending each other music. The following day I went round to Jonnys to play with them, and to my surprise we all lived a 10 minutes walk away. They quickly caught onto my little lie but I swiftly moved onto the microphone into the corner of the room and so I become the singer and the rather ungraceful bass player.

The name came about after my friend Kit had read ‘A Streetcar Name Desire’, the phrase Drug Store Romeos popped out of the page and knowing I was joining a band said that we should be called that!

– – バンドが始まった経緯と名前の由来について教えてください。

私たちは、大学でJonnyとCharlieがベーシストを探していたことから始まったの。彼らは大学の掲示板にそれを投稿していたんだ。私は人生で一度もベースを触ったことがなかったし、前にあるバンドに参加しようとしたときにはかなり必死で危ない状況だったにもかかわらず、返事をしたの。その日の夜、会う前に私とチャーリーは何時間もかけてお互いに音楽を送り合ったんだ。翌日、私はJonnysに行って一緒に演奏したんだけど、なんと私たちは皆歩いて10分ほどのところに住んでいたの!彼らは私のちょっとした嘘をすぐに見破ったけど、私はすぐに部屋の隅にあるマイクの前に移動したんだ。こうして私はボーカルと、どちらかというと不器用なベーシストになったんだ(笑)。

名前の由来は、友人のKitが「A Streetcar Name Desire」を読んだときに ”Drug Store Romeos” というフレーズがページから飛び出してきて、彼は私がバンドに参加していることを知ってて、この名前にするべきだと言ったからなの。

– – Your debut album was magnificent. We felt some influences of Stereolab and many other alternative rock bands from the 90’s. What were some inspirations in the making the album? Were there any concepts?

The writing timeline for this album was spread over many years as we’d been a band for 5 years, starting when we were 16, before releasing an album. So it’s not a concept album in anyway but a collections of songs from our coming of age and self-discovery. Our inspirations run far and wide, from the exotica of Piero Piccioni, the slow core shoe gaze of Galaxie 500 and Spacemen 3, hugely by the Avant-pop hauntology of Broadcast, the twee playful magic of The Mouldy Peaches and the Tom Tom club and many many more.

– – デビューアルバム物凄く素晴らしかったです。この作品からはStereolabなどの90年代オルタナティブロックの影響を感じたのですが、アルバム制作において影響を受けたものはありますか?また、アルバムコンセプトはありますか?

私たちは16歳から5年間活動をした後にアルバムをリリースしたので、このアルバムの制作期間は何年にもわたっているね。だから、このアルバムはコンセプト・アルバムではなく、私たちの青春時代と自己発見の曲を集めたものなんだ。Piero Piccioniの ”Exotica” 、Galaxie 500やSpacemen 3のスローコアなシューゲイザー、アヴァンポップの中でも幽霊の存在を感じさせるBroadcast、The Mouldy PeachesやTom Tom Clubの哀愁漂いつつも遊び心のある魔法のような音楽など、私たちのインスピレーションは多岐にわたるの。

– – Tell us some songs or albums you often listened to in your childhood.

When I was very young my Dad would play a lot of talking heads etc music and my mum a lot of jazz and classical to be very broad. One of the first times music truly excited me was when my mum gave me her Kate bush vinyls from when she was about my age. Lionheart and The Kick Inside really changed the way I thought about music and she become a guiding force from a very young age.

– – 幼少期によく聴いた曲やアルバムについて教えてください。

私が幼い頃父はトーキングヘッズなどの音楽を、母はジャズやクラシックをよくかけていたの。私が初めて音楽に心を動かされたのは、母が私と同じくらいの年齢のときに手に入れた、ケイト・ブッシュのレコードをくれた時。「Lionheart」や「The Kick Inside」は、私の音楽に対する考え方を大きく変え、彼女は若い時から一人の目標になったの。

– – You introduced the site “The Joy of Shards” in your Instagram account a while ago. How did you find it?

That’s funny I’m very glad you noticed. I love that website, it’s from the primetime of the internet, 2004 or something. I had a big phase of mudlarking in London which is when you go by the thames at low tide to collect the washed up pieces of ancient pottery, clay tobacco pipes, and sometimes rings and very precious things. I had lots of pottery and wanted to learn how to mosaic it all somehow. Thats how I found it!

– – 前にインスタグラムで “The Joy of Shards” というサイトを紹介していたけど、それはどうやって見つけたのですか?

気づいてくれてとても嬉しいよ!私はこのウェブサイトが大好きで、2004年かそこらのインターネットの最盛期のもの。私はロンドンでマドラキングをしていた時期があったんだよね。マドラキングとは、テムズ川の干潮時に打ち上げられた古代の陶器の破片や土製のタバコパイプ、時には指輪など、とても貴重なものを集めることなんだ。私はたくさんの陶器を持っていたので、どうにかしてモザイクをかけられるようになりたいと思っていたの。そうして見つけたのがこれなんだ!

– – Sarah was featured in the latest issue of the Japanese fashion magazine “FUDGE”. Please tell us some BTS of that. It seems many people in Japan are curious about that!

Well… I was meeting with some friends around brick lane before going to do our DJ set at a venue called The Sebright Arms and they asked me if they could photograph my outfit! A little nervous I agreed, they told me to look casual as if I was finding something in my bag of which I then was, for 10 minutes. The guy asked my friends what my name was and my boyfriend, trying to spread my new pseudonym told them my name was tooth. Tooth Adderly is a little side project I’m working on.

– – サラのスナップ写真がFUDGEに載っていたけど、その時の様子とか教えてくれませんか。日本のファンは興味津々だと思うんです!

えっと、The Sebright Armsという会場でDJセットをする前に、brick lane周辺で友人たちと会っていたときに、私の衣装を撮影させてくれないかと頼まれたの!少し緊張していたけどOKしたわ。彼らは私に、バッグの中から何かを探すようなカジュアルなポーズをするように言ったんだけど、私はその状態を10分間キープしていたの。その男性は私の友人に私の名前を尋ねたんだけど、私のボーイフレンドは私の新しいペンネームを広めようと、私の名前はtoothだと言ったんだ。Tooth Adderlyは、私が取り組んでいるちょっとしたサイドプロジェクトなの。

– – As seen in FUDGE, your iconic fashion seems to be one of the key images of the band. From the “fashion” aspects, what has inspired your style?

I suppose I can’t quite pin it down. I must have clunky shoes that for sure, also lots of muted browns, always long skirts never short, the shame goes for trousers not shorts. Well-fitting is also always a must and my clothes are always second hand, apart from my underwear.

– – FUDGEを見て、そのアイコニックなファッションがバンドの一つのキーイメージなのかなと感じました。「ファッション」という観点からの質問ですが、そのスタイルは何に影響を受けていますか。

具体的に絞ることはできないかなぁ。確かに不格好な靴を履かなきゃだめだし、落ち着いたブラウン系の色を多く使い、スカートはいつもロングで、恥ずかしいけどショートではなくトラウザーズなの。体にフィットしていることも重要で、私の服は下着を除いてはいつも古着なんだ。

– – Is there anything you like about Japanese culture?

When I was younger I was totally in aware of your culture. I used to love 90s mangas, anime’s and looking through Fruits Magazine. It all stemmed from my grandparents showing me all the Studio Ghibli when I was very young, that what I grew up on rather than Disney. I have also recently done my training as a Level 1 Reiki Practitioner!

– – 日本の文化で好きなものはありますか?

私が若い頃は、日本の文化を完全に意識していたの。90年代のマンガやアニメが大好きで、フルーツマガジンを見ていました。私が幼い頃、祖父母がスタジオジブリの作品を見せてくれたことがきっかけで、ディズニーではなくジブリで育ったんだ。最近では、レイキ(霊気)療法(東洋信仰に基づく自然治癒療法の一つ)のレベル1のトレーニングも受けたの!

– – Do you have any plans for the future? If any, please tell us as far as you can.

Well we have a few tours coming up, our headline tour stopping off around cities in England and then playing the massive Scala in London, then some great great festivals and going on tour with the incredible Belle and Sebastian and Black Country New Road of which after ending that tour in Spain, we play Primavera! 

– – 今後の予定があれば、可能な限り教えてください!

いくつかのツアーが予定されていて、ヘッドラインツアーではイギリスの各都市を回り、ロンドンの大規模なScalaで演奏し、最高のフェスに参加し。そしてあの素晴らしいBelle and SebastianとBlack Country, New Roadのツアーに参加してツアーをスペインで終えた後はPrimavera! 楽しみ!

– – Lastly, it’d be great if you can send some message to the readers in Japan!

– – 最後に日本の読者に一言ください!

Angels fly because they take themselves lightly.


■ Release Information

Drug Store Romeos – The world within our bedrooms

Release Date:7/9/2021

Label:Virgin Music Label & Artist Services


Biography

Drug Store Romeos

耽美なドリームポップサウンドを奏でるロンドンの3人組インディーロックバンド。アルバムリリース前からその圧倒的な世界観が話題を呼び、DIYやNMEなどのメディアでフィーチャーされる。TOPSら現行のソフィスティポップからStereolab等の90年代クラウトロックまでを網羅した美しいメロディーに心酔するリスナーが続出。楽曲のみならず、ファッションの界隈でも注目を集め、ここ日本でもFUDGEのスナップ特集に、ボーカルのSarahがフィーチャーされた。待望のデビューアルバム「The world within our bedrooms」はTame Impalaらも所属するFiction Recordsよりリリース。